FC2ブログ
もう2年近く映画館には行っていないので、WOWOWさんで気になる映画が放送されると録画して見る、という感じが定着しているわけですが、そんな中でこの映画を。


『ヘルタースケルター』(2012)・・・出演:沢尻エリカ、大森南朋、寺島しのぶ


全身整形により美貌と人気を勝ち得た、りりこ。しかしその美貌が崩れることにより心も崩壊していき・・・。

世間的には評価が低い映画みたいですが、ワタクシ的にはそんなことなかったですよ。まずは画面が彩り豊かで美しいですよね!はっきり言って、ストーリーなんてどうでもよくなっちゃう(笑)。りりこちゃん、綺麗だし、そんな彼女が撮影しているシーンなんて、見てるだけでホント楽しい!!!まあ、わがままなところはちょっといただけませんが、あんなに売れっ子になって忙しい毎日を過ごしていたら、普通でいられなくてもしょうがないと思います。

そんなりりこちゃんなのですが、整形しても、完璧な美を永久に手に入れられるわけではなく、醜いアザが体に浮かび上がってきます。それまた諸行無常ということで、共感。そもそもワタクシは、整形に対してそんなに偏見はありません。どうせなら、美しいほうがいいじゃないですか!凄いメイクをすることが許されるのに、整形が許されないなんて、意味がよく分かりません。いっそのこと整形してしまったほうが、日常的にギャップがなくて、周囲に優しい気がしますけどね?・・・もちろん、ナチュラルな範囲でのことですけど。そんな感じで、りりこちゃんは凄く頑張っていたのに、あんな言われ方ないわ~。名声を得るために、整形をするだけの価値はあったと思います。

作品の中に出てきた言葉、美しくなると強くなれる、というのは本当だと思います。これまでにも何度か言ったことがありますが、やっぱりね、何だかんだ言って、外見は大事ですよ。美しいかどうかで、その人の説得力は大いに変わってきます。だって、美しい人は、物凄くちゃんと努力をしているわけですよ。それはちゃんと評価されてしかるべき。・・・ワタクシはお顔に自信がないから、相手の顔をちゃんと見られません。。。もうちょっとお肌が綺麗だったら、相手のことをちゃんと見れるのに・・・。ホント、見ないで、って思う(汗)。

でも人間関係は微妙だったな・・・。この世の中のあらゆるものは、希薄なもの、だと言ったらそれまでですけどね。

ということで評価は☆☆☆彡3つ半!いいな~、あんなドレス着てみたいよ!・・・のためには、大分痩せないと(汗)。ま、お見苦しくないようにと、それなりに努力はしていますけど・・・ちなみに、ワタクシのヘアメイクタイムは、バイトに行くときは5分、お仕事に行くときは20分くらいです。そういえば、ラストの渋谷駅のところに、ラルクの広告があがってましたね~。去年渋公のライヴに行ったときに見たのを、懐かしく思い出しましたよ~☆
スポンサーサイト
2013.04.30 / Top↑