FC2ブログ
6/5 GACKT BEST OF THE BEST vol. 1 at フェスティバルホール


今日は朝から頭が痛くてね-(汗)。でもどちらかというと、片頭痛というよりは、肩凝りな頭痛かな?と思って、ずっと見てみたかった建物を見に行ったり、図書館に行ったりいっぱい歩きました!・・・一旦ホテルに帰ったら、結構疲れていたんですけど、かわいいドレスに着替えたら、テンションあがって、かなり気分がよくなった(笑)!・・・それにしても、あのドレスで歩いても、ちっとも振り向きもしない大阪人。立派です(笑)。

そしてそそくさと、入場口へ!そうです、今日はプレミアムシートなのでした!長年DEARSをやっていますが、初めて当たりました!!!お土産をいただいて、お席に行ってみたら、チケットは5列目だったんですけど、右のブロックだったせいか、実質4列目でした。めっちゃ近い!LEDよく見えない(笑)。

そして両隣のお姉さんと、お話ししながら開演待ち。お土産も開けてみましたよ。チケットフレームなんですね!そして、何周り目かのボレロがちょうど終わったタイミングで、客電が落ちました・・・曲が終わったタイミングでライヴが始まればカッコイイのに、とずっと、ずっと思ってたんですよね。ついに念願叶った!!!

これまでの活動を振り返る映像が流れて、ついに来ました、「W」の文字が-!!!きゃ~!!!



繰り返しお知らせ。今日もまたネタバレ全開ですので、お気をつけくださいませ。





01. Doomsday

お衣装は同じでした。個人的なことですが、ワタクシは下弦の月のツアーのときに、初めてGACKTさんのライヴに行ったんですよね。だから、初めて生で聴いた曲がこれだったんですよ!だから感激もひとしお☆ っていうか、メンバーさんたち、めっちゃ近いし!!!


02. UNTIL THE LAST DAY

マイクスタンドが運ばれてきました。っていうか、すみません。ワタクシ英語ヴァージョンしか聴いたことなかった(笑)。はさておき、GACKTさん、昔よりヘドバン上手になったなぁ~なんて☆


03. Dispar

ダンサーさんが登場。斜めの位置だったので、縦一列に並んでのパフォーマンスは違う楽しみ方をしましたけどね・・・あぁ、GACKTさんの横顔素敵、なんて☆ 東京ドームを思い出します!


04. CLAYMORE

来ました新曲!・・・あんまり覚えてないけど(汗)。ステージの後ろには、MVが流れていました。言葉は悪いけど、あのGACKTさんが牧師姿とか・・・全然禁欲的に見えないんですけど(笑)。


05. FLOWER

うわ、来ちゃったよ!来ちゃったよ!FLOWER! ワタクシは、ツアー的には、RR2が一番本数多かったんですよね。しかもこの曲大好き!胸が熱くなります。大阪城ホールでのライヴを思い出しましたね・・・。

そして、雨の音とともに、YOUさんのヴァイオリンが始まります。青いライトが客席の一部に当たるのですが、昨日はそれが直撃していたのに対し、今日はライトよりも内側。ということで、YOUさんの姿がよく見えました。


06. Sayonara

そしてGACKTさんが弾き始めたのは、この曲!だからね、RR2大好きなんですよ~!感激☆ しかも、この曲をやるとなると、YOUさんも途中参加!この二人を一緒に見るのがホントに好きなんですよ~。嬉しい~。ちなみに、YOUさんは、ものすごく、そろりそろろりと階段の上り下りをしていました。・・・落ちないでね。


そして、神威楽園の映像のお時間。途中まではまったく同じだったので、みんな静かに見ていたんですけど、性徒会長が選ぶMOON CHILDの名場面が、昨日と違ったから大歓声があがりました!昨日は、ショウが、ごはんをかき込むシーン・・・それってカッコイイの?って感じでしたが、今日は、ラストのほうで、両手に銃を持ったショウが撃ちながら前進していくシーン(HYDEさんもちらりと映る☆) で、それをやってみよう!と。

まずは、二人が、巨大扇風機に向かっていくゲーム、そして次は、性徒会長が、高い平均台を渡っているところに、バレーボールをぶつけるゲーム(笑)。・・・性徒会長、本気で痛がっていました(笑)。全然カッコよくなかった(笑)。

そして、U+K(THE SEVENTH NIGHT ver.)が流れる中、メンバーさんたちが登場。あ、青いジャケットだ!・・・昨日は違ったよね!?そして、GACKTさんは赤いジャケット!


07. ANOTHER WORLD

MOON CHILDネタのあとですからね、いいですね~!懐かしいですね~!昨日のGACKTさんはひたすらかわいかったですけど、今日のGACKTさんはかなりカッコよかったです!!!すぐそこっ!


08. Mirror

そしていつものように、赤いライトが客席を照らす中、最初の掛け合いが始まったのですが、ワタクシたちは、赤いライトよりも内側だったんですよね。だから、メンバーさんたちがめっちゃ見えました!こんなの初めてです!!!特に、YOUさんかわいかったわ~☆

GACKTさんは今日も、「聞こえまへーん」から始まって(笑)、中盤では、「2日目で、声がガラガラなのに頑張ってるんだから、お前たちも声を出せ-!」「声がなくなるまで声を出せ-!お前たちが出さないなら、こっちが、出なくなるまで叫んでやる-!」・・・っていうか、すでに曲の途中からフラフラしてて、ちょっとGACKTさん大丈夫?みたいな。そんなで、GACKTさんは魂の叫びを!そして、ばたっと倒れましたけど、昨日よりは早くスタッフさんが助けに来てました。


-MC-

ただいま、お帰りコールはいつもの感じ。最後に「かむぃーがくとぉ、おおさか~、ふつかめ、ぶじにぃ~・・・」っていう、話し方おかしいから(笑)!隣のお姉さんと、アカン、GACKTさん壊れとるわ、と爆笑(笑)。そんなこんなで、また、その台詞のあとにピースするところから、書いていきますね。

GACKTさん:だからね、かわいいとかもうやめようよ。こう見えて、もう40のオッサンなんですよ。結構いい年なんですよ。あの、一つ言っておきます。僕は世間的には、怖い人に見られているんですよ。そうですよ、鬼畜(ポーズつき)なんですよ。(観客:もう一回) もう一回なんて、やめてください。やりませんよ~、やりませんよ~。鬼畜(ポーズつき)。それにしても、一流芸能人を上から目線で叩くのは、さぞかし面白いんでしょうね。というか、こんな僕を上から目線でふぅ~とか言ってる君たちも、相当凄いけどね。

GACKTさん:でも、こんなことをやるのもステージの上だけだから、街でやってって言っちゃダメですよ。僕は普段笑っているときは・・・(なんて言ったんだろう?すみません)いいんですけど、何か考え事をしていると、ただのイライラしてるオッサンですからね、時々は、ニコニコしたり真面目な顔をしたりするわけですけど。・・・僕は三枚目だしね、そのほうが楽だしね(観客:カッコイイよ~!二枚目!!!)

GACKTさん:いやいや、いつもカッコイイことなんてできませんから。例えば、自動販売機でコインを入れて、取り出して、どうぞ(一連の動作をカッコつけてやってみる)なんてしませんから。テレビで、カメラ目線で何かやるとか、苦手ですから(観客:え~!!!)

GACKTさん:いやいやいや。前にね、スノーボードに行ったときに、目の前で女の子が派手に転んだんだよ。それで、僕は、さぁ~っと滑っていって、「大丈夫ですか?」(と言ってカッコよく手を差し出す)って言ったんだけど(←メチャメチャカッコイイです!) 女の子は、「大丈夫ですよ」って言うんだよ。それで僕は、「下まで一緒に滑って行ってあげようか?」って言ったんだけど、女の子は、「いえ大丈夫です。私のほうが上手ですから」って。(観客:爆笑) 僕のほうが上手だ-!!!!!でもそれを僕の友達に話したら、カッコよく手を差し出したことになってた・・・別に普通に手を差し出しただけなんだけどな~。

GACKTさん:西川とか、トイレットペーパーで、こんなこと(振り付き)してるし、芸能人って、凄くカッコつけてる人いるよね。(観客:例えば?) 名前は出せないんだけど、前に紅白に出たときに、演歌の人ばっかりだな~ってあたりを見てたんだけど、ある人に話しかけられたんだよ。「(ゴルフのスイング&若干真似をしながら)GACKTくーん、最近どう~?」って。「はい、ツアーとかやってます」とか言ってたんだけど、「ゴルフのスイングがさ~」とか言ってくるわけ。そしたら、西城さんが来て、「(真似をしながら)そのスイングじゃダメだよ」とか言うわけ。でも僕分かんないし(汗)。(その後もずっとゴルフのスイングとその人の真似をするので、みんな、誰?誰?とざわざわし始め) あぁ、結構売れた歌とかもあるよ。(観客:歌って!) ゆ~めわぁ~~~~♪ 何であんなマイクを離すんだろうね? ゆ~めわぁ~~~~♪って。(そこでみんな分かり始めました。Lから始まるバンドの、ボーカルさんですね) 僕は、好きか嫌いかって言われると、嫌いな人なんですけど、先輩ですからね。あ、電話したりもするんですよ。そこで「ウンコ、ウンコ、ウンコ、ウンコ」とか言うんですけど、そのあとで、「あ~、GACKTくん」とか普通に言ってくるわけ。でも先輩ですからね、限りなく好きのほうに入れておきたいんですけどね、僕は嫌いです。(←おっと)

GACKTさん:また西城さんって人も凄い人だからね。昔、「ロ~ラ~」を歌ったことがあって、そう、まだマリスの頃だったんだけどね、全然知らなかったから、「ロ~ラ~(かわいい感じで)」って歌ってたんだけど、そしたら西城さんが、それは、「ローラじゃない!」とか言うんだよ。「じゃあ、どんなのですか?」って聞いてみたら、「ゥゥゥゥゥ~ロ~ラ~、っていうこの前の溜めが大事だから、やってみて?」って言うわけ。え~、嫌だな~とか思いながら、「ゥゥゥゥゥゥゥロ~ラ~」ってやってみたら、「それだよ!その技術GACKTくんにあげるよ!」とか言うわけ。いらない!っての(観客:爆笑)。でもそのあと、テレビで一緒に歌ったりとかしましたね。そう、歌のときにカッコつけるのは、最初はできなかったんですけど、練習してできるようになってきたんですよ。14年間、そうやって頑張ってきたんです。(観客:拍手)

GACKTさん:じゃあそろそろ、メンバーを紹介させてくれ!最近、年齢差が大きくてね~。後ろの二人はまだ木にぶら下がってる青い果実って感じだけど、前の二人は、もう木から落ちて、べちゃっとへたってる感じがする。(茶々さんとYOUさんは二人して杖をついて歩くポーズ(笑))。それじゃあ、今日も生声で叫んでもらいましょう。ただし短めでお願いします。いや~、最近年のせいか、自分がどのくらい話しているか分からないからね。最初から短めにって言っておかないと、2時間くらいしゃべっちゃいますからね。茶々おいで!

茶々さん:(阪神タイガースのメガフォンを両手に持って登場) 大阪~!短めに行くで~!今日は~!歌いたい歌がある~!イントロから行くで~!(みんなで手拍子&六甲おろしを合唱。しっかり歌いきった(笑))

GACKTさん:茶々と呼んでやってくれ~!・・・大阪っていうと阪神ネタを持ってくればみんな喜ぶだなんて、古い人間の考えだけど。凄いね、みんな歌えるんだね!感動したよ!

個人的に、昔、アルフィーのライヴで、しかも、フェスティバルホールで六甲おろしを歌ったことがあって、またですか、とかなりツボりました(笑)。続いて、Satoくん。

Satoくん:大阪~!今日は短めに行くで~!今日も~大阪出身の茶々先輩に言われた-。昨日みたいなMCしとると、大阪のみんなにしばかれるで~!だから、行きます!大阪城~!(YOUさんのお株を奪った(笑)) そしてみなさんにお願いがあります。僕と一緒に、1,2,Sato-!ってお願いします。(←昨日忘れてました、すみません。追記しておきます)

続いて、Keiくん。また、がに股、内股のネタがあったあと、

GACKTさん:いいか、左の方によると危ないからな、頑張れよ。

というのはですね、その前から、最前列向かって右側の女性たちが、ずっとGACKTさんにいじられてまして。「そんな顔で、かわいい~とか言われても怖いから!」とか、そんな感じで(笑)。それ以外にも、大阪には合いの手を入れる人が多いから気をつけろと、繰り返し注意が(笑)。

Keiくん:大阪~!(何かいくつか言ったあと) 通天閣!(またもYOUさんのお株を奪う(笑))

そしてまた何かを言い始めたのですが、何かグダグダでよく聞こえない。観客から、聞こえなーい!との声が飛び、GACKTさんから、ゆっくり、大きな声で話せ。お客さんが静まったときに話すんだぞ、とまたも念を押されました。そう、昨日も、お客さんが静まる前に何度か言ってしまって、GACKTさんに、ゆっくり話せ、と言われたら、口調がゆっくりになって、「違う!言葉がゆっくりなんじゃなくて、静まるのを待てって言う意味だ!」って突っ込まれてましたね(笑)。そして何かを言い始めたら、あるお客さんが、「もっと手を広げて話しや~!」と、昨日からワタクシがずっと思っていたことをそのまま口にしたんですよね(笑)。観客は大爆笑。GACKTさんも、「そんなこと言われると折れるよな~。でも頑張れよ!」と。でも結局、あまり手を広げないまま、しかも更にグダグダになり、

Keiくん:じゃあ、あれやりまーす!1,2,3!・・・4

って言うから、もう大爆笑。さすがにGACKTさんからストップがかかりました(笑)。Keiくん、めっちゃウケる(笑)。そしてYOUさん。

YOUさん:大阪~!めっちゃすっきゃね~ん!短めに行くで~!たこ焼き!(両指を丸くして頬に) たこ焼き!(今度は下半身に(笑))

それから何言ったんだろう?GACKTさんからも、お株を奪われたにもかかわらずこの安定感はさすが!と褒められていました。そして最後の締めはGACKTさん。

GACKTさん:え?僕もやるの?そうですか、いっときますか~?重いよ。今日は家に帰ったら、オトンとオカンに話してあげてください。

GACKTさん:(生声で) 大阪~!僕は数年前に、大阪のことが嫌いになった!昔テレビの収録で、USJに行った!HEY!HEY!HEY!という番組だった!朝早かった!なのに、段取りが悪くて、浜田さんが怒ってしまった。他の芸能人が僕の所に来て、浜田さんが怒ってますよ!と言った。そのとき、その段取りが悪かったADが、あと20分待ってくださいと言った。そしたら浜田さんが、本気で殴った!(観客:おぉー) そのあと浜田さんが、僕のところに来て言った。「GACKTの言う通り殴ったで!」言ってないし-!!!(観客:爆笑) USJには二度といかなーい!!!

GACKTさん:そういうわけで、家に帰ったら、大阪は怖いんだと言うことを教えて、家族会議を開いてください。

そして、歌いたいヤツは~、踊りたいヤツは~のいつものフリから、


09. U+K

あのー、隣のおね-さん、手の振りが逆ですよ~!ぶつかっちゃいますよ~(笑)。


10. BLACK STONE

曲換えてきましたね!そして茶々さんの猫の耳が大分傾いていたので、GACKTさんが取って投げた-!・・・とはいえ、あの猫の耳、わりとヘドバン&折り畳みに耐えられますよね(笑)。


11. EVER

四角いキラキラ飛びました~!そして、手もキラキラ~!いやヒラヒラ?いいね!盛り上がりますね~!この曲だったかな?そのあとかな?分かりませんが、YOUさんの猫の耳も落ちたので、GACKTさんが投げました。


12. 小悪魔へヴン

あれ?情熱のイナズマじゃないの???がーん(汗)。昼間にね、レッスン動画が公開されていたので、てっきりそっちだろうと思ってました(残念)。多分、まだGACKTさんが振りを覚えてないとかそんな感じ(笑)?・・・まあ何かしらの事情で、間に合わなかったんでしょうね、多分。だってこの日も、ほぼ押さずに開演しましたしね、頑張ってますよ!


13. Jesus

きたー!!!もう気持ちよすぎる!!!いいね!RR2の曲多いですよね!大満足!さすがにGACKTさんは、この夢か「ら~」のところとかは下げて歌っていましたけど、マリア~とか、ジーザース!とかはバッチリ叫んでましたよ。


14. Missing

茶々さんと、YOUさんのところに、スタンド付きのアコギが運ばれてきました。おっと!また思い出の下弦の月!!!この曲も好きだから、嬉しい☆

そして茶々さんの元には、別のアコギが運ばれてきました。ここまで来たらアレだよね!アレしかないよね!と待っていたら、始まった。


15. 君のためにできること

もう、ワタクシはこの曲を聴くとかなりの確率でスイッチが入ってしまい、号泣してしまうんですよ。そしてまた今回も、歌い始めから滝涙・・・もうこの曲ホントに好きすぎる。でもそのあとの、ワンコーラス目で、GACKTさんは上手の方に移動。ニコニコしながら近づいてきたし、しかもこっちを見てた気がするし(←気のせい(笑))、ヤバイ、恥ずかしい!と思って、一生懸命涙をこらえました。そのあとは大丈夫だったかな?銀テープも無事にゲット。ワタクシより前の方たちは、ゲットできていない方が多かったです。・・・どなたか、ワタクシのためだけに歌ってくれませんか?とずっと言い続けているんですけど、未だにそんな人は現れず(笑)。

そして、シャッターが閉まって、また、映像。これは昨日と同じでしたね。


16. サクラ、散ル

ということで、今日も平安装束にお着替えになったメンバーさんが演奏。昨日も思っていたんですけど、いつもと立ち位置が違うんですよね。ドラムはさすがに変わりませんが、茶々さんが上の段の下手側、YOUさんが中段の上手側、Satoくんが中段の下手側。そして、楽器を立てた状態で弾いてるんですよね、と言うところまでは気づいていたのですが、よく見たら、茶々さんとYOUさんは指で弾いている!・・・っていうかね、YOUさんめっちゃカッコイイ!!!

そして途中で、ライトが客席に向けられるのですが、そのときも、ワタクシたちのお席はライトが当たらなかったので、その間に、ダンサーさんたちが、ステージの階段の後ろから登場して各位置に着く様子が見えました。ああ、なってたんですね。

ということでおしまい!昨日のライヴはひたすらかわいいGACKTさんでしたが、今日はかなりカッコイイGACKTさんが見れました!セトリも圧倒的にWILDのほうが好きです~!あんなに近くで見たことなかったから、大満足☆ 今日は昨日よりは若干早めに終わりましたね。22時よりは少し前だったと思います。

そしてホテルに帰ってきてから、昨日はスルーしてた、楽曲紹介のところを見ました。あれ?やってない曲があるよ。death wishとか、Dearsとか・・・。とともに、それらを見ながら、とりあえずセトリをUP。そしたらかなりの勢いで、RTされるやら、リプライが来るやら、フォロワーさんが増えるやら・・・GACKTさんパワー凄い!そしてまた、末裔かと思ってたらDEARSさんだったんですね、とか言われるし~(笑)。いやいやいや、それに限らず趣味は幅広いんですって。

・・・ちょっと待ってください。これからいろいろと戦利品のお写真をUPしようかと、とりあえずチケットフレームを組み立てようとしたんですけど・・・台座にはめ込めません(汗)。みなさんできました???明らかに、台座よりもプレートの部分のほうが、厚みがある気がするんですけど-(汗)!まあそれはそれとしてお写真を撮っておきます。それから、あれ?昨日よりフライヤー増えてる!

そんな感じで、ワタクシはこのツアーは大阪しか参戦しませんが、とても楽しめました!やっぱり、大阪のノリが好きだ-!他のバンドや舞台ではなく、GACKTさんのライヴが好きだ-!vol.1ってことは、2もまたすぐにある感じですか?・・・それを期待して、大阪しかチケットをとらなかったんですけど。

ワタクシには久々のプチバカンスになりました。GACKTさんありがとう!!!


   
スポンサーサイト
2013.06.06 / Top↑
今日は、WILDでした。

とりあえずセトリだけUPしておきます。これからライヴレポを書きますね~。多分2,3時間かかると思います、すみません・・・だって、MC長いんだもん(笑)。


01. Doomsday
02. UNTIL THE LAST DAY
03. Dispar
04. CLAYMORE
05. FLOWER
06. Sayonara
07. ANOTHER WORLD
08. Mirror
09. U+K
10. BLACK STONE
11. EVER
12. 小悪魔へヴン
13. Jesus
14. Missing
15. 君のためにできること
16. サクラ、散ル



お待たせしました、ライヴレポができましたので、よろしければどうぞ~。

http://shizk.blog38.fc2.com/blog-entry-1564.html
2013.06.05 / Top↑
2013/06/04 GACKT BEST OF THE BEST vol.I at フェスティバルホール


GACKTさんのライヴなんていつぶりだろ(汗)?正直、楽園祭は好きだけど、YFCzも舞台もあんまり好きではなかったし、ちょっと他のバンドさんの世話(?)に忙しくて(笑)、最近全然聴いてませんでした。でも今回は久々にGACKTさんのツアーということで、それは楽しみ!しかも、スケジュールを見たら、大阪はフェスティバルホールじゃないですかっ!4月にリニューアルオープンして初!しかも2daysだし!セトリが両方とも聴けちゃいますよね!ということで、迷わずチケットをゲット!

そのときに、DEARS歴は10年以上ですが、プレミアムシートは一度も当たったことがなかったので、とりあえず2日目は申し込んでみるかな?と思ったら、見事にゲット!しかも、1日目のほうも13列目!・・・いやいや、改修前のフェスは、ホントに席運が悪くて、1階席に降りたことがなかったという鬼門のホールだったんですよね。だから余計に感激☆・・・したわりには、あまり予習は進まず、行くときの電車の中でやりました(汗)。

フェスの近くにホテルをとったので、チェックインの前にとりあえずグッズの様子を見に行ってみたら、ほとんど並ばず買える状態だったので、ゲット。・・・猫の耳っているんですか?とウチのお姉さまに聞いてみたら、絶対必要!とのことだったので、パンフとライヴを楽しむためのものにしました☆・・・でも、パンフにセトリが載ってるとの噂をtwitterで見たので、開けないようにして、再び会場へ。

 

プレミアムシート入り口を横目に・・・あのお土産なんだろ?中へ進むと、長いエスカレーター。そして、天井が高いホワイエ。凄いなぁ~と思いながら会場内に入ると、新築の香りがしていました。ステージには、LEDで、ツアータイトルが映し出されていました。13列目・・・めっちゃ前じゃないですか!ステージ近い☆

 

開演まではお隣の、神戸からいらしたというお姉さんとお話ししていました。二人して、同じ頃にファンになったみたいで、話が弾みましたよ~。そしたら、開演予定時刻から10分経ったか経たないか、くらいの頃に暗転。



ここからネタバレ全開で行きますので、ご覧になりたくない方はさようなら。それから、あくまでもワタクシの曖昧な記憶を元に書いておりますので、MCなんかも大体こんな感じだったのね、と思ってくださると幸いです。・・・違ってたら、ごめんなさい、です。





・・・っていうかね、失敗したよね(汗)。GACKTさんのライヴは久しぶりすぎて、すっかり舞い上がってました(汗)。暗転している最中に立っちゃったら、そうです、GACKTさんのライヴは映像から始まるので、最初は座ってなきゃいけなかった(苦笑)。

過去の様々写真が映し出され、ツアータイトルが、そして、大きな「M」の文字が!・・・セトリは、MILDとWILDの2種類あるんですよね。これまでの会場では、「M」しかやっていなかったらしく、今日はどっちかな?と思っていたら、とりあえず「M」でしたね。

そして、シャッターみたいなスクリーンが左右に開いて、GACKTさん他、メンバーさんたちが登場!!!がくちん、綺麗!!!


01. WHITE LOVERS -幸せなトキ-

これは、初日が終わったあとにいくつかのサイトで写真を見ていたのですが、雪、だと思っていたものは、泡でした。ステージセットは、「X」の形に階段が組まれていて、右上にドラムのKeiくん、左上にベースのSatoくんがいます。


02. REDEMPTION

わー!これ好きですよ~!しかもたまたま、昨日「24-リデンプション-」を見たところで・・・って、全然関係ない(笑)。あのお衣装と髪型に、この曲は合いますね☆ でも階段とか、あのヘアースタイルとかを見ると、『義経』の延長線上なのかな?と。


03. GHOST

早めに、GHOST来た-!あのダンスが再び見れるのかと思ったらテンション↑↑↑ステージの後ろには、この曲もMVが流されていました・・・っていうかね、昔の映像が流れる度にきゃ~って歓声が上がるという(笑)。いやいや、麗しいGACKTさんは、すぐそこにいますよ☆


04. 絵夢 ~for my dear~

逆に、ワタクシはこの曲がちょっと苦手。でも前ほどは苦手じゃなくなったかも。


05. Journey through the Decade

最初、これ何だっけ?って思った(汗)。で、歌に入り始めた頃に、あぁ~、と。実は、作曲したのがdefspiralのRYOさんだと知ったのは去年のこと。でも、やっぱりGACKTさんの曲じゃないしね、ということで、あんまり聴いていないのが実情。


そして雨の音とともに、左上でYOUさんがヴァイオリンを奏で始めます♪ 素敵☆ そして、それが終わると、階段中央にライトが当たり、ピアノを弾き始めるGACKTさんのお姿が。


06. Last Song

GACKTさんがピアノを弾いているところが見たかった、しかもこの曲が聴きたかったので、大感激☆・・・後半はちょっとためすぎな気がしましたけどね(小声)。

そして曲の終わりで左右から例のカーテンというかシャッターみたいなのが閉じられて、GACKTさんバイバイ☆ 映し出された映像は・・・神威楽園(笑)。性徒会長と、諸先輩方が登場!・・・でも、GACKTさんの顔が大分ふっくらしてましたね。いつ撮ったんでしょ?・・・KAZUYA先輩と、会長自らが餌食に(笑)。・・・会場からは終始笑いが漏れていました。特にね、2階3階からの声が凄く響いていて、フェスティバルホール凄い!みたいな。

そして最後のほうで、その神威楽園の映像を楽屋のパソコンで見ているGACKTさんの姿が映し出されて、SPの人が時間ですよと呼びに来ます。おー!カッコイイ!!!でも立ち上がると・・・(爆笑)。

U+K (THE SEVENTH NIGHT ver.)が流れてメンバーさんたちが階段から登場!着替えてきました。ちょっと不思議なデザインのお服ですね。そして、メンバーさんみんな猫の耳をつけていて、超かわいい☆


07. Mirror

曲が始まる前の掛け合いのところでGACKTさんは、「聞こえまへーん」と言うてはりました(笑)。そのあとは、チーム大阪!そんなもんかぁ!待ってたんだろ?かかってこいよ、こらーといつもの調子。

曲の最中は、メンバーさんが前のほうに出てきてくれていたので、客席とステージがいかに近いかがよく分かりました。ちょうど、ワタクシの列とステージの高さが同じくらいだったのかな?視界も良好で、ホントによく見えました!GACKTさんかわいい~☆ ホントにかわいい~☆ そして、曲の終わりで叫びまくって、後ろにどーんとお倒れになりました。。。


-MC-

まあ、往々にして、コールアンドレスポンスが長すぎるわ~と思うことがあったわけですが、今日はホントに久しぶりだったから嬉しかったです!3階の声がホントに凄くて、GACKTさんも、今までで一番凄い!気持ちいい!とお喜びのご様子。2階席の声も凄かったですね!そして神威楽斗5年ぶりに帰ってきました・・・振り向きざまにピース☆(観客:かわいい~&もう一回コール)

GACKTさん:僕ももうすぐ40になるんですよ。かわいいって言われてもどうなんだ?って感じなんですけど、このおばあちゃんがかわいいって言われてると、ちょっと違うなって思うんですけど・・・。

GACKTさんは、自分へかわいい~コールを求めたあと、茶々さんにもかわいい~と言うように、言ってみたんですけど、首を傾げる、傾げる(笑)。

GACKTさん:ちょっと話したいことがあるんですけど、いいですか?大阪のみなさんがたくさん口を挟んでくるってことは、10年前から諦めています。でもちょっと話してもいいですか?僕は・・・(観客:GACKTー) やかましい!僕は、がくとぉーって、合いの手おかしいでしょ!え~、世間では僕は怖い人というイメージだそうなのですが、君たちのこの僕の扱いは何だ!ふぅ~!とかって、何だ!あのー、世間の人は、僕のことを鬼畜って呼んでるんですよ。君たちは、僕の鬼畜の友。今日お家に帰ったら、おじいちゃん、おばあちゃんに言ってあげてくださいね、GACKTのライヴに行ってきた、鬼畜の友なんだ、って。

GACKTさん:ツアーをやるっていうと、つぶしにかかってくる連中がいるわけですよ。でも今回は5年ぶりなんですよ!・・・あれはひどすぎる。でもあんなの信じるわけないと思っていたら、次の日には、事務所が対応に追われまして・・・。僕はね、結構気が長いんですよ。(観客:嘘~!) 年とともに、ちょっと気が長くなったんですよ。(観客:笑) だから、「おこ」くらい。(観客:笑) でも、今回に関しては、僕のことを見に来るファンの子たちがかわいそうだと思って・・・GACKTのライヴに行ってくる。ああ、鬼畜の?って言われるのは許せない。でも君たちもホントに強いよね。ウチのファンをなめんじゃないぞ!ということで、ああいうことになったわけですけど。

GACKTさん:あぁ、あの雑誌何だっけ?・・・ふらーっしゅ!忘れません。絶対忘れません。でもね、あの編集長が、飛ばされたんですよ。(観客;おぉー!) 僕のせいだとまでは言いませんけど、天罰が下ったんですよ。でもそれだけで終わらせたくはないので、とことんまでやってやろうと思いますけど。・・・ホント、ウチのファンは凄いんですよ。コンビニで、フラッシュを後ろに隠したりするもしちゃうわけですよ。(観客:おぉー) あ、勧めたなんて言うと、大阪のみなさんはホントにしそうだからやめてくださいね。フラッシュだけじゃなくて、週刊文春とか、新潮とかもいろんなことを書いてきますからね。

GACKTさん:大きな事務所にいたら、簡単に差し押さえたりできるんですけど、ウチは小さな事務所だから・・・僕の後ろなんて、(左を振り返って)おばあちゃんと(右を振り返って)おじいちゃんが守っているんですよ。っていうか、僕が守ってあげてるんですよ!でも大きな事務所にいるよりも、こんな風に大きな愛に包まれているほうが幸せだなって思います。(観客:拍手)

という感じで、GACKTさんのお話が続いたわけですけど、観客からガンガン声が飛び、GACKTさんも無視すればいいのにちらほらそれに応えるから、話がちっとも進まない(笑)。しかも、おでこに指を当てながら、え~、お願いしますよ~とか言ってる様子は明らかに古畑任三郎(笑)。そして時折、がくっとうなだれる(超かわいい)(笑)。

そしてメンバー紹介。ふぅ~!という合いの手を入れるようにとの指示があってから、まずは、生理も終わったおばあちゃん、茶々さん(笑)。GACKTさん、なんて言ったんだろ?スーパーでなんかしてると言うシチュエーションで、とか言ってた。

茶々さん:大阪~!(観客:ふぅ~!) 堂島~!(フェスがあるのは堂島の近く) 堂島ロックンロール!(観客:ええ?) っていうのやっぱり言いにくいから、堂島ロール!(観客:笑)

そのあとはひたすら、堂島ロール!堂島ロール!堂島ロール!・・・なんて言われたら、食べたくなって来ちゃったよね(笑)。

そして続いて、ベースのSatoくん。GACKTさんから、後ろの二人は、新人で、心臓が弱いから、お手柔らかに、とのお願いがあったんですけどね、Satoくん、小柄だし、ホントにかわいい☆

Satoくん:大阪出身の茶々先輩に言われました~!大阪のお客さんはMCに厳しいから、気合いを入れないとやられるぞ~!と。

で、1,2,Sato-!で締めてました。ホントかわいい☆ 続いて、Keiくん。階段を下りてくるときに、がに股で降りてきて、GACKTさんから「そのがに股やめろ!」と言われたら内股になって、「その内股やめろ!・・・って、いつも同じネタですみません」とのことでした(笑)。加えて、天然ですがよろしくお願いします、と。

Keiくんは、声が聞きとりづらい(汗)。両手をメガホン型に構えてたんだけど、もう少し幅を広げたほうがいいよね(笑)。そして、ただいま~、お帰り~、おかあさん~!ただいま~!とか暴走を始め、GACKTさんがストップ(笑)。そしてグダグダ。

そこで、やっぱりこの人に締めてもらいましょう、とのことで、YOUさんを紹介しようとしたのですが、YOUさんは、わざと太ももをふるわせていました(笑)。そしていつものように、下ネタに走る(笑)。

そして最後はGACKTさん。僕のはね、ちょっと重いんだ。君たちに受け止められるかな、という前置きのあと。

GACKTさん:大阪~!舞台で大阪に来たときに、大切な思い出ができた。でもその大切な大阪の思い出が台無しになった!スタッフなんだけど、名前が覚えられなくて、親指って呼んでた。何で親指かって言うと、顔が親指に似ていたからだ!でもその親指は仕事ができなくて、ほとんど首になりかかっていた。そんなとき打ち上げがあった。4対4で、どちらが先にテキーラ1リットルを飲み干せるかって勝負だったんだけど、僕のチームに何故か親指がいた。しかも僕たちのチームの先方は親指だった。親指に、お前大丈夫か?って聞いてみたら、死ぬ気でやります!と言った。そしたらなんと、親指は一人で全部空けた!少しカッコイイと思ってしまった。でも、そのあとに、お前大丈夫か?って聞いてみたら、何故か上から目線で、大丈夫っすよ!って言ったから、頭に来た。

GACKTさん:そのあと、明け方にスタッフから電話があった。親指が病院に運ばれたと。しかも、親指は、何故か分からないが、緊急病院の病室を、ウンコまみれにした!(観客:あら~) 今では、GACKTのスタッフがウンコまみれにした、って評判になっているらしい。大阪の緊急病院のみなさん、GACKTのスタッフがウンコまみれにしたって広めないでください!・・・今日の叫びは最長だな。

という感じで、まあMCの長いこと、長いこと(笑)。そしてやっと歌へ。


08. U+K
09. Papa lapped a pap lopped
10. 小悪魔ヘヴン

この辺はもう楽しくダンス☆


11. Vanilla

イントロで正方形のキラキラがステージ前に降りました。・・・あぁ~ってところを観客に歌わせたりして、エロさ更に倍増(笑)。


12. Faraway ~星に願いを~

タオルをフリフリ&銀テープをいっぱいゲット!☆ にしても、ホントにGACKTさんかわいい☆


13. Graffiti

フリがありましたね。拳を左右に振り上げる振りから、サビでは、指を哀戦士のときみたいに振り上げて、そのあと、VersaillesのZombieみたいに、頭上で左右に。あんまり知らない曲でしたけど(小声)、楽しめました!


14. 君が追いかけた夢

THE SIXTH DAY & THE SEVENTH NIGHTのときに、この曲を聴いて号泣したことを思い出しましたよ。勇気づけてくれる曲ですね。今回もグッときました☆


15. Stay the Ride Alive

これまた仮面ライダー!そしてこれまたRYOさん作曲。でも正直、これで終わっちゃうの~?という感じで、またカーテンというかシャッターのようなものが閉まります。

そこで、GACKTさんのナレーションとともに、いくつかの歌詞を含むメッセージが映し出されました。そして水面をのぞく人の顔が映ったのですが・・・狩衣姿???


16. サクラ、散ル

シャッターが開くと、狩衣姿のメンバーさんたちが。そして、ステージ後ろには、義経のときの映像が。おっと、最後の最後で、次への橋渡しとなる曲で終わるとはGACKTさんなかなかニクイ。

物凄く個人的なことですが、ワタクシ狩衣姿の貴公子が大好きなんですよ・・・直衣はダメ、狩衣が好きなの(笑)。それでGACKTさんが昔、オールナイトニッポンをやっていたときに、西洋の貴族のお姿もいいですけど、日本の貴族のお姿もきっと似合いますよ!平安時代の狩衣なんてどうでしょうか?なんてリクエストしたことがあるんですよ。そしたら、そのあとから、期せずして、ツアーとか、大河ドラマとか、舞台とかで和装を見る機会が増えて、内心ニコニコしているのであります☆・・・ワタクシのリクエストの影響だけではないと思いますけどね(笑)。

でも、この終わり方ってどうなのかな~?と思いました。幸いワタクシは明日も参戦できますが、これだけを見た人はどう思うんでしょ?でも、このツアーも、vol.1ってことだから、すぐさま2以降もあるのかしら?と思って、今回は大阪だけでいいや、と思ったんですけど。。。

そして、またシャッターが閉まり、Storyをバックに、エンドクレジット・・・そろそろ再会を生で聴きたいよ!という感じでライヴはおしまい。と思ったら、そのあとに、ベストアルバムのCMっていうか、新曲のMVがちらりと流れました。・・・画面の中のGACKTさんを見てきゃー!と歓声を上げるのはやめましょう(笑)。でもCLAYMOREのほう、カッコよかった~☆ 終わったら、22時過ぎでした・・・振り返ったら、すでに空いていたお席がいくつも(汗)。

ということで、こうして見てみると、曲数が少ないですよね!今日は久々だったから、MCが楽しかったけど、もっとたくさん曲が聴きたいです!でも、とにかく、圧倒的にGACKTさんはかわいかった!その一言に尽きる☆

ホテルに帰ってきてからパンフをペラペラしました。セトリまでは書かれてませんでしたが、WILDで演奏しそうな曲のタイトルが書いてあったわ(汗)。ということで、そこはしな~っとスルー。でもお写真がホントにカッコイイ!!!

明日はプレミアムシート!どんな風に見えるのか、楽しみです☆ そして、明日はWILDやるよね!?お願いします!!!

2013.06.05 / Top↑
10/24 YELLOW FRIED CHICKENz at Zepp Osaka


あらかじめお断りしておきます。YFCzのライヴレポのはずですが、話が結構脱線します(汗)。・・・でもそれは、ワタクシのせいではありません(笑)!!!

前日V-ROCKを見てそのままさいたまにお泊まりし、目覚めたら・・・どうにも頭が痛い(苦笑)。このワタクシが食欲皆無なんて、ちょっと危険(汗)。でもまあ、とりあえずのぞみに乗って、新大阪までGo!前日ちょっと一緒にV-ROCKを観戦したももかさんとロマさんも大阪組だったのですが、お二人は一足先に、ただしこだまで新大阪へ向かわれました。一方ワタクシはちょっと後から、でものぞみで新大阪へ。道中どっちが早く着くかな?的な感じでTwitterで随時ツイートしてたんですけど、やっぱり遅くに出たからか、タッチの差でワタクシが負けました(残念)。

そして、旅行のときくらいじゃないとのんびりできないワタクシは、大阪駅のデパートでお買い物☆ ショップのお姉さんはHYDEさん好きで、ライヴの話でいろいろと盛り上がっていたのですが、そのときメールが着信。・・・Versaillesのファンクラブから。

大阪と名古屋での追加公演が決定しました!

って、もう!!!折角この日くらいは、GACKTさんモード全開で行こうと思ったのにぃ~(苦笑)。しかも、受付はその日の夜からということだったので、早速Twitterやメールで末裔さんたちとやり取り。・・・くそぉ~、またこのタイミング。KAMIJOくんってば、どんだけ嫉妬深いねん(苦笑)。

ふぅ、と思いながらZepp Osakaへ。1年以上行ってなかったので、行き方を半分忘れてました(汗)。地下鉄中央線に乗り換えたら、車両にはすでにエゴプラ臭が充満(笑)。と言うかね、この日、朝すれ違ったサラリーマンもエゴプラつけてて、ランチの席のお隣の人もエゴプラつけてて、エゴプラ日和でした(笑)。ここはGACKTさんモード全開☆

整理番号は750番くらいで、並んでいる間も末裔さんたちとやり取りしてたんですけど、中に入ったら、1柵目に結構余裕あり!?YOUさんの前辺りに陣取りました。Zepp Osakaでそんなに前に行ったのは初めてだったのでちょっとドキドキ。

開演前のアナウンスはUZOさん。う○こがどうのこうのとか(苦笑)。そして開演。


01. THE END OF THE DAY
02. NINE SPIRAL
03. SPEED MASTER
04. LAST KISS
05. Episode.0
06. MIND FOREST-YFC EDITION-
07. 妄想GIRL
08. VANILLA
09. EVER
10. JESUS
11. YOU ARE THE REASON
12. ALL MY LOVE
13. またここで逢いましょう


正直に言います。あおりが長い(苦笑)。曲は最高に素晴らしくて楽しかったから、曲をもっと聴きたかったです!!!シャツを脱いだGACKTさんとJONが絡み合っていたけど、ムキムキの人好みじゃないから、あんまり萌えなかった(苦笑)。筋肉ついてると丸みを帯びるじゃない?ワタクシは尖ってる人が好きだから(笑)。

ライヴの内容的には、GACKTさんが何かの曲で激しくヘドバンしたあと、物凄くよろめいて、ホントに倒れちゃうかと思って心配しました。JONが腰を支えてたくらいだったから(汗)。あと、JONが入ったことによって、日本語と英語が混じった歌詞になったわけですけど、境目がよく分からない!?つまりは、歌詞がよく聞き取れない(汗)。

YOUさんはずっとずっとかわいくて素敵でした!!!何かを投げる前に「ほしいの?ほしいの?」と言ってた姿が特にかわいかった-!そして、真矢さんを近くで見れたのには感動しました!真ちゃん!真ちゃん!そしてJONは素顔のほうがかっこよさそうな気がしました・・・。

でもDEARS歴は結構長いのに、いつからこんな冷めた目で見るようになったのか。かなり客観的に見ていた自分になんかショック・・・。いつもだったら前へ攻めるはずなのに、2柵目の前辺りで、平和に見てましたよ。でもその分、暴れられましたけどね!・・・やっぱりDEARSさんは、ヘドバンできない人多いみたい(笑)。GACKTさんはちょっと上手になったと思いますけどね☆


そんな感じで、会場から出て・・・ドリンクコーナーがあまりにも混みすぎてて、お酒もらえなかった(汗)、終わったよのツイートをするやいなや、またもメール着信。「KAMIJOさんのブログが更新されました」って、おい!!!!!またですか!!!!!余韻にも浸らせてくれないんですかっ(汗)。

まあ、ある程度は予測できたので、はいはい、と、コメントを書いてですね、ホテルに帰り、VAIOを立ち上げると、TwitterのTLの一番上に、KamijoOfficial・・・もう、分かったよって(笑)!!!フォロワーさんもめっちゃウケてました(笑)。


までは笑ってたんですけど、次の日の朝、いきなり電話が着信。地元警察からで、地元駅に置いてきた愛車が車上荒らしにあったと(汗)。その日は予定変更を余儀なくされ、なおかつ紛失した書類のことであれこれあり、メチャメチャ凹みました・・・折角の楽しいライヴの楽しい思い出もさようなら(苦笑)。なんか後味悪い。それもあって、どんどんGACKTさんから離れていきそうで、怖いです(苦笑)。

もともと、エレガントなGACKTさんと、VISUALIVEが好きですしね、それまではおとなしくしてようと思います。。。
2011.10.31 / Top↑
YFCzは、ROSE STAGEで朝の11時から!!!・・・はやっ!ということで、始発電車でさいたまに向かいましたよ。そしてみんな突っ込んでたけど、何故にYFCzがROSE STAGEで、VersaillesはMOON STAGE!?

開場時間にはとてもとても間に合わなかったけど、開演時間の30分くらい前には到着。下手側のわりと前の方を陣取ることができました。そしてしばらくしたら、savannaお姉様がいらして、合流。一緒に見ることになりました!

実は明日YFCzのライヴに行くことになっているんですけど、今回のツアーはまだ未参戦。長さ的にも予習的にちょうどいいかな?という感じでライヴ開演!


01. THE END OF THE DAY

大きなお立ち台にGACKTさんとJONが上がって、シンメトリーにパフォーマンスをする様子に、ほほぅ!と感心しましたよ。それまでずっとツインボーカルってどんなだろう?と、ちょっと心配してたんですけど、これは凄い!・・・JONの腕の筋肉すごーい。


02. NINE SPIRAL

前のほう過ぎたのか、この日は終始あんまり歌詞が聞き取れませんでした(汗)。


03. SPEED MASTER

04. Vanilla

05. EVER

06. またここで逢いましょう


イベントなので、持ち時間は限られているにもかかわらず、相変わらずあおりが長い(笑)!そして、最後の曲では、GACKTさんとJONがステージから下りて、柵で区切られた花道のような空間に出てきてくれました。久々にGACKTさんを近くで見たっ!正直あんまり、ムキムキなGACKTさんも、ましてや髪の短いGACKTさんもあまり好みではないので(汗)、それまではYOUさんを中心に見てたんですけど、近くで見たGACKTさんはやっぱり綺麗でした!メイクもよく見えましたよ!ちょっとGACKTさん熱復活。

明日はじっくり楽しんでこようと思います!
2011.10.23 / Top↑